30 Years of History写真で見る嵯峨野トロッコ列車の歴史

沿 線

  • 1977

    1997
  • 1991

    1991

旧国鉄からJRへと分割民営化をしたのが1987年。JR西日本は輸送力増強策の一環として、山陰本線を複線電化。1991年、廃線となった路線を復活させ、嵯峨野トロッコ列車として、4両編成で運行を開始。

  • 1978

    1986
  • 現 在

    現 在

「トロッコ保津峡駅」のホームには愉快なたぬきを設置。旧国鉄時代ではお客様の足として利用された「保津峡駅」から「お客様に心のこもったおもてなし」を提供する駅へと生まれ変わる。

  • 1986

    1986
  • 現 在

    現 在

旧国鉄時代ではゆっくりと見ることが出来なかった景色も、トロッコ列車では時速約25kmでゆっくり美しい景色を楽しむことが出来るように。

  • 1991

    1991
  • 現 在

    現 在

開業当時のトロッコ列車車両の一部には窓を設置していたが、現在は自然をゆっくりと味わう車両に。嵯峨野トロッコ列車の見所の一つである「殿の漁場」から見る景色も風を感じながら楽しむことができる。

  • 1992

    1992
  • 現 在

    現 在

開業1周年を前に、老齢化や害虫で立ち枯れなどが目立つ沿線を「観光列車」にふさわしい景色にするため、桜守・佐野藤右衛門氏と地域の皆様の協力を得て「トロッコ亀岡駅」付近に桜を植樹。
その後も沿線各地に桜や紅葉を植樹し、現在は美しい景色が沿線に広がる。

車 両

1991

  • 1991
  • 1991

初代車両は1991年4月27日から2000年3月2日まで4両編成にて運行。

  • 1998

    1998
  • 2000

    2000

1998年に5号車リッチ号を増結し、初代車両の4両とともに5両編成で運行を開始。
2000年3月2日に初代4両を現行車両に置き換え、現在に至る。

安全への取り組み

  • 1992

    1992
  • 現 在

    現 在

1月、2月の運休期間中を利用して、6年に一度、車両全般検査を実施。最重要部であるエンジンやブレーキの細部にいたるまで念入りな点検・整備を毎年行なっている。

  • 1999

    1999
  • 2004

    2004

1999年6月「トロッコ保津峡駅」構内において土砂崩れが発生。土砂や流木が、5mの防護壁を乗り越え駅構内に流れ込み、ホームや線路の上に約22メートルにわたって埋まる。
2004年の台風21号による土砂流出の際には、2日間に亘り、昼夜を通しての復旧作業に徹した。

過去の災害を教訓に「落石防止ネット」等を設置し、更なる安全性の向上に努めている。

《トロッコ嵯峨駅》

  • 1991

    1992
  • 現 在

    現 在

開業時は木造平屋建ての外観で木材を多用した和風デザイン。その後、1997年に新駅舎が完成。外装は周辺地区が第一種風致地区に指定されているため、レンガ調とし、周囲と調和する外観の駅舎となった。

  • 1993

    1992
  • 現 在

    現 在

1993年新たな観光資源として、観光ラン園「嵯峨野ランアート」が「トロッコ嵯峨駅」前にオープン。入場料は大人600円小人300円とし、約1,000㎡の全面ガラス張りの大温室に約5,000鉢もの蘭の花を配置。1999年にリニューアルの上無料開放とし、蘭の展示スペースを半分以下に抑える一方、観光客がくつろげる多目的スペースを新設。現在、同スペースは鉄道グッズ販売店舗や飲食店舗(ラーメン)、「ジオラマ京都JAPAN」として使用している。

  • 2003

    2003
  • 現 在

    現 在

2003年4月28日に19世紀をテーマとした「19世紀ホール」がオープン。蒸気機関車を展示場所に設置してから建物が建設された。

《トロッコ嵐山駅》

  • 新線切替以降

    新線切替以降
  • 現 在

    現 在

国鉄時代から使用されたトンネル(左)と複線化に伴い新しく設置されたトンネル(右)。旧線と新線の間に「トロッコ嵐山駅」が設置された。

  • 1993

    1993
  • 現 在

    現 在

1993年トイレの水洗化・駅コンコースの拡張工事が完了。観光客の憩いの場として活用されている。

《トロッコ保津峡駅》

  • 1992

    1992
  • 1993

    1993

開業当初から信楽のたぬきを設置。1993年にはカリヨンタワーを設置。

《トロッコ亀岡駅》

  • 1991

    1991
  • 現 在

    現 在

開業時は屋根がなかったため、雨の日などは列車を待つ場所もなかったが、1992年4月24日に現在の駅舎が完成。現在は桜と共に親しまれる駅に。

嵯峨野トロッコ列車
オリジナルキャラクター

  • 2002

    2002
  • 現在

    現在

2002年のハロウィンに合わせて公式キャラクター「トロッキー」がデビュー。少し形を変えて、2017年6月17日にリニューアル。現在も活躍中!